Twitter
Blogger
研究室開設のおしらせ
- Mon, 03 Feb 2015 22:24:00

研究室、はじめました。

https://blog.entalab.org/




ドメイン変更のお知らせ
- Sat, 16 Feb 2014 01:04:00

DynがDynamic DNSサービスを全有料化するという話に伴って、今更ながら独自ドメインを取得することにしました。

entasan.org

よろしくお願いします。


シチュエーション・インフォメーション・エモーション
- Tue, 26 Feb 2014 20:41:00

最近つとめて頭に入れておこうと思っているのが、この3つの「ション」である。

元はといえば、ネットで見つけた記事に端を発する。その記事では「シチュエーション」を「情況」と訳し、確かSNSなどに上がってくるのはインフォメーションではなくてシチュエーションのほうだよね、みたいな内容だったと思う。インフォメーション(情報)を共有するんじゃなくて、シチュエーション(情況・場)を共有する風潮にあるんじゃないか、みたいな話だったと思う。その話を読んだときにほほうなるほどなと思ったことは確かだ。その上、もうちょっと自分なりに話を広げてみたいなと思うようなところもあった。それで「エモーション」を追加してみたらどうかという話になるわけである。

そもそも、シチュエーション(情況)とインフォメーション(情報)という2つのくくりは、それが「ふたつ」というだけでなにか物足りないと感じさせる。直感的には3つくらいのくくりにした方がよさそうだし、理屈っぽくいえば、シチュエーションとインフォメーションとの違いは情報の抽象度のようなものの高さに他なるまいと思ったことから、やはりこれも上か下かというよりも、上中下の三段にした方が収まりがよいだろう。

- 続きを読む


Archiduino Project - vol.26
- Thu, 14 Feb 2014 17:59:00

建築系におけるArduino利用計画としての「Archiduino Project」。

このところずっと更新をサボっていたので、ちょっと手が空いてきたついでに現状報告。

Ardhiduinoは制御のフェーズへ移行段階にある。昨年の夏に投稿した某講演用の原稿にもあるが、「計測から学習を経て弁別」という流れはひととおり達成することができたように思う。続いてはアプリケーション(適用)のフェーズとなるわけだが、我々の目指すものとしては「行動のデザイン」「環境の制御(による快適の実現)」「省エネ(節エネ)」といったところとなる。いろいろやるのはまだまだこの先の話なので、とりあえず手始めに「赤外線LEDの疑似リモコン発光による家電の操作」的なことからやってみている。

- 続きを読む

YouTube

- Read more contents
Archiduino


- Read more contents
日本性神地図
- Read more contents
Contents
プロフィール
論文
スライド資料
発表一覧
本棚

Archiduino Project
研究論文をシステマティックに書く方法
- Read more contents
- Read more contents
Tumblr.
gkojax:“じつは、スターバックスと似たようなことを言っているのに、実績が上がらない多くの日本企業が陥っている罠がここにあります。ミッションを徹底教育したあとは、権限委譲(エンパワメント)をして、その実現のための自主性と創造性を発揮してもらうこと。これこそが、スターバックスの接客の核心なのです。” — ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由 / 岩田 松雄 (via ebook-q)
“メンタル病院の先生に「付き合いづらい人ってどんな人?」と聞いたら
「人の気持ちをわかろう!理解しよう!と一生懸命になる人です」って言われて、
なんでそれがダメなの?と聞いたら「他人の気持ちなんて解らなくて当たり前なんです。それを理解できるという妄想は本当に厄介です」って言ってた。”

- Twitter / @komattainu
(via hkakktakka)
edieelee:“3年も育休いらない。仕事忘れる。復帰のハードル高くなる。 違うねん!ぼちぼち続けられる環境や。 時短勤務、自由にさせて欲しい。子供が熱出したら帰りたい。熱下がって翌日まで休ませたい。授業参観行きたい。PTA会議参加したい。 普通の生活大事にしながら仕事したい!!休みたいんじゃない!!” — — 沈む時はゆっくりと - 北沢かえるの働けば自由になる日記
(via deepspeed)
yasunao:ニュー速道路 » 画像みて吹いたら寝ろ(101~200)
“人間は特徴量をつかむことに長けている。何か同じ対象を見ていると、自然にそこに内在する特徴に気づき、より簡単に理解することができる。”

- 人工知能は人間を超えるか / 松尾 豊 (via ebook-q)
- Read more contents
\t-works 2003-2021. (C) All rights reserved.